サンタの正体って親だったの?その時とった長男の泣ける行動

スポンサーリンク


こんにちは、ゆずこです。

クリスマスまで後三日。

「もうすぐサンタさんが家にやってくる!」とドキドキワクワクの小3の次男を横目に、温かいまなざしで見守っている男が一人。。。

そう長男です。

長男は中1なので、さすがにサンタの正体が誰なのかは知っています。

主人と私は長男は去年までサンタのことを信じてると思っていました。

ですが、長男は数年前からサンタはパパとママだということを知っていたのです。

知っていて知らないふりをしていた。

それは何故か。。。?お話したいと思います。

サンタが正体がバレた理由

 

長男がサンタの正体を知ったのは小学5年だったそうです。さすがにこの学年になれば、周りから「サンタって親なんだよ。まだ信じてるのー」なんていう話が出てくるのは当たり前ですよね。

それでも、半信半疑という子もいると思います。長男もまだ半分は信じていたそうです。

しかし、決定的なものを見てしまいました。

Amazonの履歴を見た

はい、もう決定的ですね。

我が家はAmazonのタブレットを持っていて、子供たちがそれをいじっていることがしばしばあります。

Amazonでよくガンダムのフィギュアを買うので(主人と息子たちはガンダムおたくです)、主人とAmazonの画面をみながらあれこれ選んでいるうちに、操作を覚えてしまったのです。

一人Amazonでガンダムのフィギュアを見ているときに、たまたま履歴を見てしまって「あれ?」っとなったそうです。

プレゼントの袋が毎年一緒だった

後で聞いたのですが、「どうして毎年プレゼントが入ってる袋が一緒なんだろう…?」と思っていたそうなんです。

すっ鋭い!!(*_*;

クリスマスプレゼント用の袋ってちょっと良い袋に入れませんか?わざわざ買って。

「これを捨てるのはもったいない。また来年使えるかも」ととって置いていたのです。

なので、ここ数年は使いまわし。プレゼントに夢中で、袋のことなんて考えてないだろうと思っていました。

ですが、長男は「あれれ?これとって置いてあった袋だ。なんか怪しい。。。」と疑いをもったそうです。

それで、Amazonの履歴を見てしまったら、もう決定的ですよね。

このケチケチ根性が仇となってしまいました。。。 😥 

 

なぜ信じているふりをしていたのか

 

  1. ばれないようにプレゼントを用意してくれている親に、実はもうサンタの正体が知っているとは言いづらかった。
  2. 次男が信じているので、合わせた方がいいと思った。

とのことでした。

「知ってたなら、もっと早く言ってくれよーお兄ちゃん」

1か月前から欲しいものをさりげなくリサーチして、こそこそ用意している親の姿を長男はどう見ていたのでしょう。

もてあそばれたのかと思いきやそうではなく、せっかくパパとママが芝居をうってくれているのに申し訳ないと思ったそうなんです。

そういう子なんです。周りを気にしすぎるというか、空気を読み過ぎてしまうというか。。。

こういうところ長男ですよね。

社会に出たら大変だろうなと心配になってしまいます。

今は…

 

我が家では、「中学生になったら、サンタさんはもう来ないんだよ」という話になっています。

次男も「そうなんだ~」と納得しています。

長男の件があったので、今年はタブレットから見れるアカウントから買うのではなく、私があらたにアカウントを取ってそこから次男のプレゼントを買うことにしました。

念には念をです(笑)

次男の今年のプレゼントは「妖怪ウォッチ バスターズ2秘法伝説バンバラヤー マグナム」です。

ですが、今日になって「マグナム止めてソードにしようかな~」なんて言い出す次男。

焦る私。すかさず長男が「マグナムの方が人気があるってよ。マグナムの方が絶対いいよ!」と一芝居うってくれてました。

頼りになりますm(__)m

空気を読んでくれる優しいお兄ちゃん。傍からみるとお父さんのように見えます。見た目も(笑)

最後に

 

子供って意外と親に気をつかっているものなんですね。

「もう知ってるよー」と一言いってくれればいいものの。。。

親の為、弟の為に気を遣ってくれちゃうんです。

塾の帰りに自動販売機で、家族分の飲み物を自腹で買ってきてくれるお兄ちゃん。

将来、女の子に振り回されて、貢がされないか心配してしまう母であります。。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40代パート主婦です。主人、息子2人(中学生・小学生)、義母、義兄の6人で二世帯住宅に暮らしています。 低所得ではありますが幸せに暮らせる方法、日々の気づきや気になること、そして前向きになれるヒントなど失敗談も含めお話したいと思います。