【大雪に対する緊急発表】会社と学校は不要不急の外出なのか?

スポンサーリンク


こんにちは、ゆずこです。

国交省が1月22日(月)~23日(火)にかけて関東甲信や東北の太平洋側を中心に大雪が予想されるとして「大雪に対する緊急発表」を出しました。

ふだん雪の少ない東京23区の平野部でも、雪が積もるおそれがあるので「不要不急の外出は控えるように」とのこと。

都心部に雪が降るといつも思うのですが、

「どうして東京の電車は雪がたくさん降ると止まってしまうの?」

「電車止まるなら会社休みにしてくれたらいいのに…」と。。。

そもそも不要不急の外出って何?会社や学校は不要不急の外出なの?と疑問に思ってしまいます。

世間一般ではどのようにとらえられているのか、会社や学校は不要不急の外出なのかを調べてみたのでご紹介します。

不要不急の外出とは?

 

不要不急という意味は、辞書によると「重要でもなく急ぎでもないこと」と載っています。

「明日はスーパーで卵が1パック98円の特売日なのでスーパーに行く」→当たり前ですが、これは不要不急な外出ですね。

節約生活の私にとっては結構重要事項ですが、世間一般的にはこれは不要不急な外出とみなされると思います。

あくまで個人的なことですし、1パック98円の卵が買えなくても誰にも迷惑はかけないですから。

ならば、会社や学校に行くことは不要不急な外出なのでしょうか?


会社・学校は不要不急の外出なのか?

 

会社の場合

明日やるべき仕事が「重要でもなく急ぎでもない」仕事だったら休んでもよいのでは…と思いませんか?

明日出勤して仕事をしないと会社が損害を被ったり、誰かに迷惑をかけてしまうならば、それは不要不急な外出にはならない、行くべきだと思います。

しかし、それ以外なら電車が止まったのなら、長蛇の列に並んでまでバスやタクシーに乗って会社に行く必要があるのでしょうか?

そう疑問に思っても、実際問題会社は休みにはならないのが実情です。

首都圏の場合、いつもとは違うルートを駆使して地下鉄を乗り継ぎ会社に行ったり、最悪長蛇の列に並んでまでバスやタクシーで会社に行くのが普通となっています。

日本人って本当に真面目で働き者(>_<)

当の私もその一人です。

深夜のスーパーのパートをしていた時に、都心部に大雪が降ったことがありました。

地下鉄を利用していたので移動には問題はなかったのですが、仕事帰り猛吹雪の中、夜中の12時過ぎに一人駅から家に向かう途中、人っ子一人歩いていない道を歩いていると遭難にあったような感覚になり、虚しくなったのを覚えています。

「早く掛け持ちの深夜のパートを辞めたい。。。」その時はそう思いました。

深夜のパートについての記事はこちら→深夜に働くパート主婦の話 メリットとデメリットは??

話が逸れましたが、実際問題そこまでして仕事に行かなくてはならない現実がありました。

というわけで、会社は不要不急な外出ではないというのが実情ではないのでしょうか。

学校の場合

電車通学の学校は、来れる人だけ来てくださいという学校もあるかと思いますが、比較的休校の措置をとる学校が多く見受けられます。

電車が止まるなら仕方ありませんよね。

ですが、公立小学校・中学校の場合よくあるパターンなのですが、

「保護者の判断により、お子様の安全を確認の上、登校させてください。なお、安全のため遅れての登校や欠席されてもそれらの扱いには致しませんが、その場合は学校へ必ずご連絡下さい」

うーん。。。どっちなの??

学校は一応やってるけど、来ても来なくてもいいよということなのでしょうか?

もの凄い台風の時などは、「3時間目からの登校になります」と学校から一斉メールでお知らせが来たことがありましたが、大抵親の判断に任せますということが多いです。

学校側からこう言われると、「登校途中で何かあった場合、親の判断で行かせたのだから親の責任」と言われてしまいそうで、学校まで送っていったこともありました。

公立小学校・中学校の場合、大雪が降ったぐらいでは休みにはなりませんが、台風の場合は登校時間に影響がある場合のみ時間をずらして登校という場合が多いです。

となると学校も不要不急な外出ではないということになるのではないのでしょうか。

世間一般の認識は?

 

世間一般では、不要不急な外出についてどのように認識されているのでしょうか?

やはり世間一般でも会社や学校は不要不急な外出ではないから、行かなくてはいけないという認識の人がほとんどでした。

ネットでの反応の通り、ニュースでよく聞く「不要不急の外出はお控えください」っていったい誰に向かって言っているのでしょう。。。?

まとめ

 

不要不急の外出について調べてみると、結局ちょっと買い物に行くことを控えるぐらいのレベルのことでしかないような気がします。

日本人は真面目ですから、「自分だけ会社を休むわけにはいかない」と頑張って出勤する人がほとんどです。

あるいは学校だけ休みとなってしまうと、低学年のワーキングママは子供を一人でお留守番させてはおけないので、預け先などこれまた悩みの種になってしまいます。

東京育ちの私は、子供の頃雪が降ると大喜びして雪だるまを作ったり、鎌倉を作ったこともありました。

いつから雪が降ると聞くとため息をつくようになったのでしょう。。。

うーん、もうあれこれ考えても仕方がない(>_<)

ここはひとまず明日の雪を子供と楽しむことにしましょう!

雪が降り注ぐ空を見上げるのもそう悪くはないですよね(^-^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40代パート主婦です。主人、息子2人(中学生・小学生)、義母、義兄の6人で二世帯住宅に暮らしています。 低所得ではありますが幸せに暮らせる方法、日々の気づきや気になること、そして前向きになれるヒントなど失敗談も含めお話したいと思います。