私が買ったおねしょ対策グッズ おねしょパンツってどうなの?

スポンサーリンク


こんにちは、ゆずこです。

私の小学3年の息子(次男)は夜尿症です。

小学2年の秋に病院に行くまで、毎日夜尿(おねしょ)をしていました。

なので、パンツで寝るなんてもってのほか。

毎晩おむつをはいて寝ていました。

そんな息子も薬物治療を始め、半年後には成功率が80%台に。

成功率については、こちらの記事に書いてあります。

夜尿症の息子の成功率が徐々にUP 治療開始後の経過を記録

そろそろ夜のおむつを卒業しても良い頃かと思い、やっとこさパンツに変更。

ですが、まだ安定していない日もあるので、息子が安心できるようにおねしょパンツを購入することにしました。

今はおねしょパンツの種類も様々です。

パンツはもちろん、その上に履く防水パジャマズボンまであります。

ですが、うちはパンツと防水シーツのみ買いました。

予算の関係上、パンツ・シーツとも一枚のみ。

ですが、シーツはほとんど使いませんでした。

防水シーツってどうしても通気性が悪いので(防水なので仕方ありませんが)、寝苦しいのです。

ごわごわしてるのもダメでした。

夏場だったため尚更、蒸れて寝返りしまくり。

可哀想だったので、思い切ってやめてしまいました。

我が家は夜尿がなくなるまで、このパンツのみで乗り切りました。

唯一買ったおねしょパンツ

 

ニシキ ナイティパンツ  120cm

約180mlの吸水層付おねしょボクサーパンツ【120cm】

価格:3,456円
(2017/12/2 00:28時点)
感想(6件)

良いところ

 

  • 吸水量が多い(人によってまちまちです)
  • 乾きやすい
  • 消臭素材が使用されているため匂わない

 

正直なところ、Amazonのレビューでも書いてあるのですが、大量におもらしした時は、吸収しきれず漏れます。

おもらしの量が多い方は、このパンツの上におねしょズボンを履いた方がよいかもしれません。

ですが、息子は大量におもらししてシーツまで濡らしてしまったことは、2~3回。

たいていのおもらしはこのパンツの中のみで納まっていました。

このパンツに助けられたことは何回もあります。

私が調べた中では一番吸収量が多かったパンツです。

そしてこのパンツの良いところは、乾きやすいところ。

おもらししてしまった朝に洗って、部屋干しでも夜には乾いてました。(夏場です)

中の吸収層が吊り式になっているので、干しやすく乾きやすい。

吸収層が5層になっていて、その中に消臭素材が入っています。

使用してから7カ月近く経っていますが、確かにおしっこの匂いはしません。

悪いところ

 

  • もこもこしてるので、おねしょパンツだとわかる

 

吸水層が5層もあるので、使用感はごわごわです。

ですが、5層の表素材は綿100%なので、履いた感じは柔らかいみたいです。

息子はこのごわごわする使用感は嫌ではなかったようで、毎日嫌がらず履いてました。

ですが、見た目はおねしょパンツだとわかります。

もこもこしているので、おむつの上にパンツを履いている感じです。

これをお泊り行事に持たせるのはちょっと可哀想だと私は思ってしまいます。。。

ささっとズボンを履いてしまえば、バレないとは思いますが…。

総合的にこのパンツを評価すると………

星3つぐらいでしょうか。ちょっと辛口で。

我が家では重宝したと言えますが、Amazonのレビューではそうではなかった人もいるようなので、毎晩夜尿の量が多い子はなんとも言えません。

夜尿の量が多い子の対策は?

 

おねしょパンツ+おねしょズボン+防水シーツが万全の態勢だと思いますが、防水シーツまで濡れた場合、防水シーツって乾きにくいですよね。

それならば、介護用品用の敷布団の上に敷く紙製の使い捨て防水シーツを使うのも手です。

【防水シーツ 介護シーツ シングル おねしょシーツ 介護】使い捨て防水シーツ ロング8枚入り 布団 シーツ 介護用品 おねしょ ペット TSS-L8 アイリスオーヤマ

価格:1,380円
(2017/12/2 00:35時点)
感想(12件)


ちょっと割高になりますが、忙しいママの洗濯のストレスもなくなると思います。

最後に

 

おねしょをしてしまって、パンツやシーツを汚してしまったことをママに伝えることが、子供にとってどれだけ勇気のいることなのか。。。

そんな時、笑って「気にしなくていいのよ、洗えば済むことなんだから」「教えてくれてありがとう」

そう言った時の息子の顔は、どこかホッとしているように見えます。

そう言えるためにも、おねしょ対策グッズはとても大切なものですよね。

言ってしまえば、布団なんて夜尿症を克服してから買い替えればよいことです。

おねしょがこの先ずっと続くわけではないのですから。

おねしょ対策グッズを上手く利用して、子供におねしょは絶対に治るものと安心させてあげることが大切なことなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

40代パート主婦です。主人、息子2人(中学生・小学生)、義母、義兄の6人で二世帯住宅に暮らしています。 低所得ではありますが幸せに暮らせる方法、日々の気づきや気になること、そして前向きになれるヒントなど失敗談も含めお話したいと思います。